ごあいさつ

当社の主力製品であるノイズフィルター用のトロイダルコイルは永年にわたって、人手による巻き線を行ってきました。

電源ノイズを除去するという機能を担う割には、その生産方法を典型的な労働集約の製造から脱皮できませんでした。

設備化できなかった最大の理由は、コイルの販売価格に対して巻き線機の開発に大きな投資が必要であることと、巻き線機の製造価格が高額になり、コストアップが避けられないと判断されてきたことです。

したがって当社に限らず、トロイダルコイルを製造するどの会社も低賃金の地域を求めて生産拠点を変更してきました。

一方で、手巻き線による品質の不安定度もユーザー各位から度々指摘されてきましたが、巻き線機開発には多額の投資が必要ですから、ユーザーといえども高いコストのコイルを購入することは出来ません。

このような理由で、手巻き線が未だに続いているのは品質とコストの妥協の産物といえます。

当社ではこのようなトロイダルコイルの壁を打ち破ろうと一念発起し、2004年から自動巻き線機の開発に取り組んできました。当社のような中小企業にとって、過大な挑戦とも冒険ともいえる事業でしたが、幸いにも関係機関のご支援と協力をいただき、さらにはともに汗をかいてくれた自動機制作会社の努力により、2010年に第一期の事業が完成いたしました。引き続き第二期、第三期計画に着手し2012年を迎えた現在、当社が生産するコイルの約半数を自動化できる目途が立ちました。

ものづくり会社にとって大切なことは 1.品質の安定化と差別化、2.納期の徹底した短縮、そして3.コストの更なる低減に尽きると思います。

第三期計画においては従来のトロイダル(リング形状)をデザイン変更し、さきに掲げた製造の三要素を飛躍的に強化する所存です。

2012年は創業30年目です。内職からスタートした会社ですが、ようやく企業としての基盤が整いつつあります。

これを節目にノイズフィルターコイルのメーカーとして、一段上のステップで戦いを演じられるよう努力していきます。

取扱製品一覧

  • コモンモードチョークコイル(AC用)
  • コモンモードチョークコイル(DC用)
  • ノーマルモードチョークコイル(DC)
  • 輻射対策用フェライトコア
  • 電源回路用部品
  • SMD部品
  • 取扱製品検索